部屋物語トップ >  インフォメーション / 街物語  >  2018年11月  >  アポロ美容理容専門学校 西田悠子様 ご紹介

インフォメーション / 街物語 INFORMATION

201820Nov MEDIAアポロ美容理容専門学校 西田悠子様 ご紹介

お部屋探しの数だけ物語がある。部屋物語。

数ある専門学校の中から今回は、美容師・理容師・ネイリストなる為の専門学校を運営しております「学校法人來間学園 アポロ美容理容専門学校」様の講師の方に取材を行いました。その模様をご覧ください。

 

【パーソナルデータ】

氏名:西田 悠子(にしだ ゆうこ)

出身:神奈川(横浜市)

趣味:バイク(海の風を感じるのが好き)

尊敬する人:職場の同僚・教務部長 教え方が分かり易い。伝え方が上手いので参考になります。

友達からの印象:ひよこ(同僚から)・真面目過ぎる・オンオフの切り替えが下手(笑)

 

【経歴】

横浜出身。お酒は得意。海に行って、ぼーっとする時間が大好き。

 

【美容師になったきっかけ】

元々、私自身が幼い頃、人見知りがすごくあったんです。

なので、美容室に行くと美容師さんが良く話しかけてくれるんですが、それが緊張してしまって。

そういう風に緊張するような子達、自分のような子達にリラックスして、楽しみに来てくれるような美容師さんになりたいと思った事がきっかけですね。

昔から、細かい作業が好きなんですよ。子供の頃はよく、リカちゃん人形の髪の毛を切ったりとかしたりして(笑)。美容師を目指す女の子は、小さい頃にお人形の髪の毛をカットしてる事も多いんです(笑)

髪の毛をいじるのが好きで。母があまり髪の毛を結ぶのが得意では無かったので、自分で結ぶ事も多くて。そういった経験から、美容師への興味が増えて行ったということですね。

 

アポロ美容理容専門学校で講師になったきっかけ】

人の事を考える事が好きというか、何故か考えちゃうんです。「あの人は、なんでもっと自分を出さないんだろう?」「あの人は、どういう人なんだろう?」とか。人に対して興味、関心が高いんですね。そういった中で、生徒に対して1人1人しっかりと見れる。教える事の出来るこの学校を選びました。

 

【アポロ美容理容専門学校で尊敬する人はいますか?】

校長先生です。   

人の事を本当に真剣に思って考えて行動してくれている方なんです。仕事と関係ないことでもすごい真剣に、人の気持ちに寄り添って考えてくれる。

学生への指導の仕方等、相談したときに、しっかりとアドバイスをしていただけるんです。

立場的には凄く上の方なので、ホントはあんまり相談とかして良いのか悩むのですが、仕事の事やプライベートのことも、一緒に考えてくれているんです。

アポロ美容理容専門学校で自信があると思える授業はありますか?】

国家試験課題は当たり前に、しっかりと対策は致します。 学校の特色としては、サロン実習があります。 即戦力となる人材の育成に力を入れていて、年何回か提携先のサロンに行き、アシスタント業をしてくるといったことをさせていただいています。 就職前にサロンのやり方を覚えたほうが、学生にとってもサロン側にとっても良い事が多いので好評です。           

 

【アポロ美容理容学校に入学を希望している方たちへメッセージ】

うちは少人数制で、教員が親身になって、一から十まで手厚く教えています。自分が不器用だからとか、不安な気持ちを抱えている子にとって、アポロ美容理容専門学校はベストだと思います。      

教わる自信が持てなくても、こちらはキチンと教え育て、美容師・理容師免許を取らせる自信はありますので!

 

【取材者の声】

今回は、「学校法人來間学園 アポロ美容理容専門学校」様で講師をされている西田 悠子さんにフォーカスしてインタビューを行いました。

今回取材をして率直に感じたことは、講師と生徒の距離感がかなり近い。また、仲が非常に良い。当たり前のようで難しいことですよね。それををサラッとされている事に驚きました。人数が多い学校はともすれば、講師と生徒の関係は希薄になってしまう事もあります。アポロ美容理容専門学校様は少人数制度という、講師が目の届く範囲で生徒の成長を見守るという仕組みの成功例がここにある。何よりも講師の方々の熱意と生徒の学ぶ意欲が無ければ成立しない関係性をしっかりと確立している学校でした。

今、美容系の学校選びで悩んでいる学生、フリーターの方等多くいらっしゃるとは思います。自分に自信が持てない。不安が大きい。そういった気持ちの方は是非、【アポロ美容理容専門学校】様の体験入学に足を運んでいただき、実際その目で、体で、心で感じてみてください。あなたの最良の選択が待っているかもしれません。